So-net無料ブログ作成


マニラのタクシー [現地滞在]

料金をボッタくられたという類の話は、あまりインパクトもありませんし
到着地で支払いで揉める前に、乗車時点でメーターを倒せと言わなかった
ほうにも何割かの責任があると考える必要があるのがフィリピンなわけで
一方的にドライバーが悪いとも言い切れないのではないかと思います。

で、今回は他の部分の話をしたいと思います。
マラテのロビンソンデパートの近くから、マビニの両替商までの移動で、
面倒だからタクシーに乗っちゃえと思って車を何台か止めました。
するとドライバーの言う事には、マビニなんて知らない…。

おいおい、今あんたが走ってきた方じゃないの?
本当の理由は、知らないんじゃなくて近いから嫌なんだという事たろうと
思うのですが正当な理由なく乗車拒否をしてはならないという法律か条例
があったはずだと思うので、その抜け道対策として知らないと言い切れば
正当な理由になるわけなんで、そういう言い方をしているのでしょうね。


manila_taxi-1.jpg

ようやく捕まえて、なんとか走り出したドライバーも渋滞してるから面倒
なんだよなぁ…みたいな愚痴を言って料金の増額を暗に求めています。
文句言わずに走ったら100ペソあげるからさと言うと、ようやく真面目に
走り出して、現金なヤツなのです。

manila_taxi-2.jpg

次に今度は同じくマラテからマカティへ移動した時のこと。
タクシーを止めると同じく知らないから行けない、とか、渋滞してるから
時間がかかるからダメだとか、出来ない理由を並べます。

結局、三台目ぐらいでようやく車に乗せてもらえましたが、とにかく料金
で揉める以前に車に乗せてさえもらえないのには閉口します。
あれだけゴチャゴチャと走り回っているタクシーですが、量的にはまだ、
かなり不足気味だということなのでしょうか。

manila_taxi-3.jpg

売り手市場のタクシードライバーは強気で可愛くないのが多いですな。





Fly! Philippines(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました