So-net無料ブログ作成
検索選択


日常的なストリートチルドレンとの遭遇 [フィリピン社会]

はじめて見たのはインドネシアのある島でした。
夜の10時過ぎに両替商の前で車を止めた時に、新聞を買ってと私のところ
に来たのでした。

そんな時間に新聞を持ってきてもらっても、既に読む記事は誰もが知って
いる事実ばかりの当日の朝刊です。

さらに決定的に無意味なのは私はインドネシア語は読めません。
それでも小学1年生ぐらいの男の子は必死になって取りすがってきます。
別に読めなくてもいいや、そう思って、幾らなんだろうと子どもの持って
きた新聞の値段を見ようとしたところ、一緒に居たガイド役のお兄ちゃん
が100ルピアを渡して追い払うようにして車に乗り込みました。


日本人のあんたがあの子どもにお金を渡したら、そこら中に隠れている、
同じような子どもたちが集まってきて動けなくなってしまうよ。

可哀相だと思ってもらえるのはありがたいけれど、あんた達だけで動く時
は絶対に無視するようにしないととても面倒になるということは、覚えて
おいた方がいいよ、みたいな忠告を受けました。

street_children_manila-1.jpg

それから数年が経ち、マニラ市内でも同じようにストリートチルドレンを
見かけ、教会の近くではロザリオや線香、夜の盛り場では花売り娘に花を
売りつけられます。

street_children_manila-2.jpg

悲しい目をして小さな子どもを抱いている女の子、裸足でボロボロの服を
着た男の子など、避けて歩くには心が痛む子を見かけます。

でも、お金を渡すと全部親が取り上げてしまって、あの子達はまたお金を
稼ぐために朝から夜までストリートに立ち続けなければならないわけで、
もしも、あの子達にお金を渡すのならば食べ物やお菓子をあげれば確実に
自分のものに出来るから嬉しいんだよということを、ある女の子に聞いて
からは、小さなお菓子をあげるようにしています。

street_children_manila-3.jpg

マニラで、ゴーゴーの女の子と食事に行ったり買い物に行ったりした時に
少しのお金が余ったならばお菓子を買って持ち歩くようにして下さい。

必ず、どこかで、貧乏臭い子達が何か頂戴?とあなたの瞳を見つめて来る
ことがあるはずですから。

street_children_manila-4.jpg

但し、あまりたくさんのお金やお菓子を渡すと一族郎党に囲まれてしまい
なんともならなくなるという場合もありえますから周囲の様子をよく見て
危険な空気を感じたら足早にその場を立ち去る判断力も必要です。

street_children_manila-5.jpg

子ども達が少しでも幸せに暮らせるように、あなたに出来ることはきっと
あるはずですから、小さな国際援助にもお金を使ってあげて下さいね。

外国人の子ども白書──権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から
外国人の子ども白書──権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から荒牧 重人

明石書店 2017-04-06
売り上げランキング : 4696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
家庭教育は誰のもの?――家庭教育支援法はなぜ問題か (岩波ブックレット) 自治体がひらく日本の移民政策-人口減少時代の多文化共生への挑戦 移民受入の国際社会学―選別メカニズムの比較分析― 自分とは違った人たちとどう向き合うか ―難民問題から考える― ヨーロッパにおける移民第二世代の学校適応――スーパー・ダイバーシティへの教育人類学的アプローチ 難民を知るための基礎知識――政治と人権の葛藤を越えて 福祉政治史: 格差に抗するデモクラシー 限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択 (朝日新書) 多文化「共創」社会入門:移民・難民とともに暮らし、互いに学ぶ社会へ 「つながり」を生かした学校づくり



Fly! Philippines(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。