So-net無料ブログ作成


蝶々=パルパロ [艶話]

蝶々は日本語では「ちょうちょう」または、古典文では「てふてふ」とも
表現されていますが、タガログ語ではパルパロと呼ばれています。
※ 日本のお父さんはパロパロと言っている人もいます。

花から花へと蜜を求めて飛びまわる姿を、女の子から女の子と遊びまわる
姿とダブらせて浮気者のこともパルパロと呼ぶことがあります、と言うか
日本では本来の意味として聞くことはまずないと思いますからフィリピン
パブの指名を変えたり他所の店の子と掛け持ちしていたりする人を指して
パルパロと呼んでいる場合がほとんどだと思います。

続きを読む


Fly! Philippines(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マニラで見た外国人の性癖 -3 [ゴーゴーバー]

同じ人間なのにどうして人種によってそんなに違いがあるのだろうか?と
いう話がどんな事柄においてもあると思いますが、そういう話題になれば
やはり出てくるのが下半身の話でしょう。

しかしながらゲイに興味があるわけでもないのでペニちゃんが大きいとか
とんでもなく小さいとか、そんな話は食傷気味なんですよね。

それじゃ女性のマンちゃんの話だとどうなるのかというと、今度は男性の
ように一目でわかるような違いというのがないので、比較するのは難しい
ということになりますよね。

続きを読む


Fly! Philippines(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マニラで見た外国人の性癖 -2 [ゴーゴーバー]

前回の時に日本人の順位を書きませんでしたね、忘れていました。
日本人はアメリカ人に続いて二番目でしたが、現在では韓国人に抜かれて
三番目になっています。

前回、アメリカ人の話を書きましたが、同じ白人でもオーストラリア人の
場合にはお店からの連れ出しもそれなりに需要があるようで、アメリカ人
のような嫌われ方はされていないようです。

マニラでは女の子に関係する費用の相場が上がっているためリーズナブル
をモットーとするアメリカ人は、車で約2時間の場所にあるアンヘレスを
拠点としつつあるようですから、数ヶ月から数年もするとマニラからは、
アメリカ人の姿はなくなるかも知れません。

続きを読む


Fly! Philippines(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マニラで見た外国人の性癖 -1 [ゴーゴーバー]

フィリピンに来る外国人の中で、最も多くの来訪者を数えるのはどの国と
思いますか?日本人だと思った方、残念ながら間違いです。

圧倒的に多いのはアメリカ人なんですよね、英語が最も通じるアジア圏で
物価が安いということと、もともとはアメリカ軍の基地もありましたし、
さらには、アメリカの植民地のような存在(今でもか?)なので、現役の
ビジネスマンというよりは、リタイアした軍人が多いような感じです。

続いて多いのが韓国人。
セブとかボラカイのリゾートでも高級ホテルのお客さんは日本人か韓国で
占められていることが多いです。

他には中東系とか中国人とか雑多な方々がいるようですが、このブログの
趣旨は社会科の話ではありませんからね、それぞれの国の方々の性癖の話
の方に移って行きたいと思います。

続きを読む


Fly! Philippines(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行