So-net無料ブログ作成
検索選択


ジープニーの段階的廃止が進行中 [リアルタイム]

フィリピンの庶民の足として知られるジープニー。
元々は太平洋戦争が終結した後、アメリカ軍が残していったジープを改造
して全長を延長してベンチ型の簡易座席を取り付けたり、屋根を設置して
十数人が乗れる乗合自動車として活用されるようになったものなんですが
安価なのが取り柄の交通機関としてのジープニーが徐々に環境問題に配慮
した交通機関へと生まれ変わろうとしています。

戦争終結後、数十年が経っていますから当然、アメリカ軍の払い下げ車両
を利用しているような訳はなく、ほとんどは日本製(三菱が人気らしい)
の中古ディーゼルエンジンを町工場で手作りしたシャシー(車台)に換装
したオリジナル仕様のジープニーがオーナーの趣味を反映した塗装と装飾
を施されて、時刻表に沿うようなことはなく、ほぼ固定化されたルートで
道端の乗客をピックアップしながら終着点まで走って、また元の方向へと
戻ったり、別方向へと走っています。

続きを読む


Fly! Philippines(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行