So-net無料ブログ作成


大東亜戦争の終戦から61年 [昔話]

なんだかいつもとは場違いな話ですが、戦争の記憶が風化する危険性が、
非常に高まってきているという危機感がありますので、戦争絶対反対派の
私としては、戦争の悲惨さを少しでも書き残しておこうという趣旨の元で
今回の記事を書いています。

今でこそ、夜遊び天国の様な扱いを受けているフィリピンですが、戦時中
には日本軍側、連合国軍側に多数の犠牲者を出した激戦の地として、各島
で行方不明になっている人の数は半端ではありません。

太平洋戦争の明暗を分けたとされている、ミッドウェー海戦で主力空母の
多くを失った日本軍にとって、起死回生の一手としてガダルカナル島に、
飛行場の建設を画策したのですが、完成間近になったところでアメリカ軍
との戦いに敗れ、飛行場は徴収、約5,000人の戦死者と約15,000人の餓死者
を出す悲惨な結果となりました。

続きを読む


Fly! Philippines(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バターン死の行進を矮小化する右翼メディア [昔話]

太平洋戦争末期の日本軍による虐待行為として有名な話の一つです。
日本の兵隊がと書くと正確性を欠くと思いますので、より適切ではないか
と思われる表現をすると日本軍の司令部の命令によりアメリカ軍の捕虜に
過酷な移動を強いた事実がありましたが、そのバターン死の行進について
日本の女性ジャーナリストが同じルートを当時と同じ条件で歩いたところ
全く虐待に当たらない、という記事を日本の雑誌に掲載したことによって
アメリカ軍の元捕虜の男性が女性ジャーナリストが事実を歪曲させたもの
であると抗議したことがありました。

簡単に「死の行進」について書きますと、ルソン島北部で旧日本軍の捕虜
となったアメリカ兵やフィリピンの現地住民などが日本軍の命令によって
強制的に約100キロの道程を行軍させられ、飢えと病気、疲労のために
多くの人が亡くなったという事実で、公式な記録上は日本軍による虐待で
あるとされています。

続きを読む


Fly! Philippines(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

映画・「恋するトマト」 [昔話]

以前、フィリピン女性と日本人中年男性が恋に落ちて、二人で一緒に農業
を始めてトマトを実らせるという映画が公開されました。

が、某大作映画の拡大ロードショーによって約二週間(一週間のトコロも
ありますし、全く公開されなかったところもあります。)で公開打ち切り
という仕打ちを受けて、興行的には全く盛り上がらないままの映画でした
が、なんとかDVDは発売されています。

某大作がほとんど意味が解らんと言われて、内容的には全く面白くないと
言われていたのとは裏腹に、恋するトマトは自主上映をする地方自治体が
いくつも現れるなど、評判のいい映画で、拡大公開システムの弊害が如実
に表れたとも思えるわけですが、自身は辛口の映画評論を気取りながらも
毎度途中で投げ出したような映画を作っている、某お笑い芸人の映画とか
相変わらずスクリーンを拡大占拠している状態が続いているわけで、映画
配給会社は本当に映画が好きでやってんのか?と思ってしまうような状況
が続いています…って、本題とはドンドン離れて愚痴の世界です。

続きを読む


Fly! Philippines(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大きく様変わりした総武線の光景 [昔話]

関東方面の出張の際、利用頻度が最も高いのは総武線快速で、その次には
京葉線という感じなんですが、10年前に見ていた駅の光景と比べて大きく
変わったなと感じることが一つあります。

以前は市川とか、新小岩、錦糸町に電車が止まると、少ない時であっても
必ず幾つかのフィリピンパブで働いていますという感じのフィリピーナの
グループを見ることがありましたが、最近ではそのようなことは皆無状態
で、名目上はタレントとして日本に来ていたフィリピーナはホントに全く
いなくなってしまったようです。

電車に乗らない人もいるでしょうし、そんなに簡単に見つかるところには
いないという意見もあるかも知れませんが、フィリピンパブの全盛期には
ただ通過するだけの地方在住者の目にも非常に多くのフィリピーナの動き
が目立っていただけに、皆無状態のホームを見ているとアメリカが日本に
圧力をかけるというのは、こういうことなんだなぁと感じます。

続きを読む


Fly! Philippines(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行